酵素 味噌汁

人気酵素ドリンクで痩せる
味噌汁

酵素が生野菜・果物、生魚以外にも味噌や納豆のような発酵食品にもたくさん含まれていることは次の記事でお伝えしました。

■参考記事:あなたの酵素不足では?【1分で診断可能なチェックテスト】

しかし、発酵食品から摂ることができることを知ると、次のようなことを考える方がたくさんいらっしゃいます。

『酵素って、発酵食品にたっぷり含まれているんでしょ?だったら、私はしっかり摂れてるから大丈夫だわ。だって、毎日味噌汁を飲んでいるからね』

さて、この考えは正しいのでしょうか?

酵素は48度以上で働きがとまる

味噌汁

それでは早速ですが、先ほどの質問の答えをお伝えさせていただきます。結論から言うと間違った考えです。

味噌汁からは酵素を摂取することは難しいと言えます。その理由は酵素は48度以上で不活性の状態になるからです(わかりやすく言うと、酵素が死んで活動をしなくなる)。

この点について、もう少し詳しくお伝えすると、48度で2時間で加熱をすると活動を停止します。そして、加熱温度を上げると、さらに短い時間で酵素は活動をやめるんですね。50度なら2分、53度ならたったの20秒加熱しただけで、その働きを停止してしまいます。

お風呂の温度はだいたい43度から45度くらいですので、53度と言えばそれより10度高いだけです。当たり前ですが、味噌汁の温度はそれよりも熱いですよね?

そのような環境では、酵素は死んで活動をしなくなります(正確には不活性状態となる)。つまり味噌汁から酵素を摂取できるという考えは間違いなワケです。

では、味噌汁からは酵素を補給することは絶対に不可能なのでしょうか?

先ほどもお伝えしたように、酵素は高温環境にたいへん弱いです。しかし、48度以下ならさかんに活動をします。ですから、少しぬるいくらいの味噌汁なら酵素を摂取することができます。

ですから、どうしても味噌汁から食物酵素を補給したい場合、具材だけ先に加熱しておいて少しだけ温めた味噌汁に加えるのが良いでしょう^^

ただし、知っておいていただきたいのが、酵素がなくなるからと言って、決して栄養がなくなるわけではないということです。味噌には酵素以外にもビタミンB12、イソフラボン、レシチンのような美容のために摂取していただきたい栄養はたくさん含まれていますからね。

納豆の画像
それに、発酵食品から酵素を摂取するなら味噌を使わなくても納豆からでも可能ですよ。私は小さい頃からあの匂いが苦手で食べることができなかったのですが、ミツカンの『におわ納豆』なら美味しく食べることができました。今では1日1パックを夕食時に食べるようにしています。

納豆は価格も安くて、手軽にとることができますので、発酵食品から酵素をとろうと考えている方は、ぜひ納豆を試してくださいね^^

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

ダイエットにおすすめの人気酵素はどれ?


酵素