酵素不足 肥満

人気酵素ドリンクで痩せる
体重計にのる女性の画像

体重計にのる女性の画像
太っていることを肥満と言いますが、実はそれにも2種類のタイプがあることをあなたはご存知でしたか?

その2つのタイプとは、『皮下脂肪型肥満』と『内臓脂肪型肥満』です。

『皮下脂肪型』は、体全体に皮下脂肪がついているタイプのことで、一見して太っていることがわかります。

一方『内臓脂肪型』は、お腹の周りに脂肪がつくタイプで、パッと見た感じは太っていないように見えますが、よくお腹を見るとポッコリと出ているような状態です(いわゆるかくれ肥満)。

もちろん、皮下脂肪型と内臓脂肪型の両方の肥満状態にある方もいます。私なんか太っているときはお腹も出ていましたし、ふとももやお尻周りも出っぷりとしていたので、両方を兼ねそえたタイプのおデブでしたね^^;

さて、それらの2つの肥満の内に酵素不足が特に関係しているのが、内臓脂肪型の肥満です。

もし、あなたがお腹周りが気になる、なんだか最近下っ腹がぽこっと出てきたという場合、酵素が不足していますので、食生活や生活習慣をすぐに改善するようにしましょう。

当サイトでも酵素ダイエットの方法を紹介してますので、是非参考にしくてださい。では、なぜ酵素が不足するとお腹に脂肪が蓄積されるのでしょうか?

どうして酵素不足になると内臓脂肪型肥満になるの?

体の血管の画像
酵素が足りない状態になると、代謝が落ちて痩せにくい体にることは次の記事で紹介しました。

■参考記事:酵素不足で太りやすい体質に【代謝が低下することの恐怖】

その1つの理由が、血液がドロドロになるためです。そのような状態になると血流が悪くなり新陳代謝が落ちて、その結果として太りやすい体質になります。

そして、内臓に脂肪が蓄積されるのも代謝が悪く、エネルギーを消費することができないのが原因なんですね。ですので、酵素不足がかくれ肥満を呼び込むことになります。

また、血流が悪くなれば、肥満以外にも高血圧、高血糖、糖尿病などの病気を引き起こす可能性が高くなります。そのような状態を引き起こさないためにも、内臓に脂肪を蓄積しないことは大切です。

内臓脂肪というのは、外見からはわかりにくいので軽視しがちですが、そのまま放置しておくと血流がさらに悪くなり、スパイラル的にどんどん代謝は落ちていくことになります。

一度、肥満になった方が痩せても何度もリバウンドを繰り替えす1つの理由が、酵素を摂り内臓脂肪をしっかりと落として痩せやすい体質を作っていないためです。そのことがきちんと出来ていれば、リバウンドをする可能性は極端に下がります。

外からは見えにくい脂肪だからと言って甘く見ないで、痩せ体質をつくるためにはきっちりと落としてくださいね。内臓脂肪型肥満を解消するには、酵素ダイエットが一番ですよ^^

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

ダイエットにおすすめの人気酵素はどれ?


酵素