日経ヘルス 酵素ドリンク特集

人気酵素ドリンクで痩せる
日経ヘルスの表紙の画像

日経ヘルスの表紙の画像

日経ヘルス2012年9月号『酵素ドリンク特集』を読みましたので、その感想とレビューを紹介します。

書籍情報

  • タイトル 日経ヘルス2012年9月号『酵素ドリンク特集』
  • ページ P.40-P.45
  • 発行 日経BP
  • 定価 590円

酵素ドリンク特集の内容は?

前半は米麹(こめこうじ)を利用した自家製酵素ドリンクの作り方を丁寧な図解で紹介がメインです。そして、後半は酵素ドリンクを使用したダイエットの体験談とQ&Aコーナーとなっています。ページ数は少ないですが、読み応えのある内容だと感じました。

また市販品の『ファーストプラン』、『スーパーオータカ』、『ごちそう酵素』が紹介されています。この中で私は『ごちそう酵素』を飲んだことがありますが、酵素ドリンク特有の発酵くささが無くて、すごく飲みやすかったですよ。

手作り酵素ドリンク

市販の酵素ドリンクの場合、そのほとんどが一年以上をかけて発酵・熟成させますが、紹介されている自家製酵素ドリンクはたったの1週間で作ること可能です。

また、材料もミニトマトと砂糖と米麹だけですので、紹介されている方法ならとても簡単に自宅で酵素ドリンクをつくることができます。

日経ヘルス2012年9月号『酵素ドリンク特集』の感想と評価

日経ヘルスの中身の画像

発酵タイプの酵素ドリンクのレシピが紹介されている記事や書籍を今まであまり見たことがないので、興味深く読まさせていただきました。

ただ、1つ気になったのが材料に白砂糖を使っていた点です。白砂糖の主性分であるショ糖は細菌の餌になるため、酵素ダイエットでは、できるだけ食べない方が良いとされています。また活性酸素を生み出す原因にもなりますので、シミやシワが増えることになるんですね。

そのような砂糖を大量に使用しているので、あまりお勧めができるレシピではありません。しかも、今回の特集ではミニトマト、スイカ、青じそ、ブルーベリーの酵素液の作り方が掲載されていますが、全て材料の1.1倍の量の白砂糖を使用しています。さすがに量が多いです^^;

市販の酵素飲料でも、その点を気を使ってるものが多く、ほとんどが甘み付けのためにハチミツや黒砂糖を使用しています。せっかく酵素を補給しても砂糖がたっぷりでは、その効果が台無しですので、レシピを参考に手作りされるのでしたら、砂糖は控えめにした方が良いでしょう。

体験談はとてもおもしろく読むことができました。体験者さんのA.Kさんは『肌荒れの回復が早くなった』と感想を述べていましたが、私もそれはすごく感じました。お肌が本当にツルツルになるんですよね。

酵素の特集以外にもフルーツ酢やスムージーの特集もあり、全体を通して楽しめる内容でした^^

本書の当サイトでの評価は4点(5点満点中)となります。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

ダイエットにおすすめの人気酵素はどれ?


酵素