50度洗い 酵素

人気酵素ドリンクで痩せる
試してガッテンの公式サイト

2012年くらいから、『50度洗い』という美容・健康法が流行していますね。特集された雑誌や書籍が書店でも多く並んでいましたし、テレビでも『ためしてガッテン』で特集が放送されていたので、ご存じの方も多いのではないでしょうか?

試してガッテンの公式サイト

ちなみに『50度洗い』がどのようなものかについて、お伝えさせていただくと『野菜を水洗いして食べるのではなく、50度のあたたかいお湯で30秒から1分ほど洗ってから口にする』という野菜の食事方法のことです。

この方法のメリットは、シワシワだった野菜が新鮮になることや、野菜本来のうまみや甘みを引き出して美味しく食べられることが挙げられます。しかし、ここまでをお読みなって、次のような疑問をお持ちになった方もいるのではないでしょうか?

「酵素は熱に弱いんだから、50度洗いなんてしたら酵素が死滅して、摂取することはできないんじゃないの?」

たしかに、ごもっともなお考えだと思います。では、この点について正しくはどうなのかについて続いてお伝えをさせていただきます。

50度洗いで酵素は死なない

野菜の画像

酵素は熱に弱く48度以上の熱を加えると、失活状態(活動をしなくなる、いわゆる死んでいると言われる状態)になります。その点については、次の参考記事でも紹介していますので、よろしければご覧ください。

参考記事:酵素は48度以上で活動が抑制される【味噌汁では酵素を補給できない!】

ただし、ここで注意していただきたいのが、温度だけでなく時間も関係していることです。具体的に酵素が失活状態になる温度と時間の関係をあげると、48度で2時間、50度で20分、53度で2分となります。

しおりが指棒を使う画像
『50度洗い』は先ほど書いたように、30秒から1分程度しか野菜を加熱しません。

しかもボールでお湯を入れ、そこに温度計を入れて、しっかりと温度を確認してから、野菜を洗いますので50度以上で加熱する心配も無いでしょう。温度計が壊れていたら、別ですが^^;

ですので、『50度洗い』をしても酵素は失われずに摂取できますので、ご安心ください。

さらに詳しくお伝えさせていただくと、野菜に含まれている酵素は適度な熱を加えることで、その動きはさかんになりますので、活性度が上昇します。

つまり、水洗いをするよりも、50度洗いをする方がより新鮮な状態で栄養を摂取することできるんです。

つまり、50度洗いは酵素が死ぬどころか、むしろ素材を活かした調理方法ということになります。ですから、あなたの食生活によかったら取り入れてくださいね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

ダイエットにおすすめの人気酵素はどれ?


酵素