豆乳クッキー 酵素ドリンク 比較

人気酵素ドリンクで痩せる
豆乳ダイエットクッキーの画像

豆乳ダイエットクッキーの画像

置き換えダイエットをこれから始めようする方にとって、もっと悩むのが何を使って取り組むかかではないでしょうか?

DHCプロティン、ヒルズダイエット、豆乳クッキー、酵素ドリンクなどです。しかし、それだけたくさんの種類があっても、実は人気のある置き換えアイテムというのは限られています。そのアイテムというのが『豆乳クッキー』と『酵素ドリンク』です。

人気があるということは、それだけ実績を残していて多くの方に支持されている証拠と言えますので、参考になる情報です。ですが、2つに絞ることができたとしても、その内のどちらをダイエットに使うかは正直迷ってしまいますよね^^;

そこでこちらのページでは、どちら置き換えダイエットに良いのかその点について考察した結果をご紹介させていただきます。私自身がダイエットを始める前に悩んで考えことですので、あなたの参考になれば嬉しいです。

豆乳クッキーと酵素ドリンクの比較

酵素ドリンクの画像

それでは早速ですが、豆乳クッキーと酵素ドリンクの比較をさせいただきます。なお、それぞれの商品として、人気の高い『健康コーポレーション・豆乳ダイエットクッキー』と『ベジライフ酵素液』をピックアップして比較をさせていただきました。

1.値段

酵素ドリンクの勝ち

1食あたりの値段は次のようになりました。結果からご覧いただいて分かるように、酵素ドリンクの方がおよそ25%ほどの安いです。

ベジライフ酵素液:198円

豆乳ダイエットクッキー:259円

2.味

豆乳ダイエットクッキーの勝ち

味に関しては、間違いなく豆乳ダイエットクッキーの方が美味しいです。そもそも酵素ドリンクは発酵エキスですので、どうしても匂いにくせが残ります。例えるなら、味噌っぽい匂いです。

ですので、味噌の匂いが絶対ダメだという方は、酵素ドリンクを原液で飲むのは難しいかもしれません。ただ、炭酸水やフルーツジュースで割ってしまえば、案外大丈夫なのでそれほどのデメリットではありません。

3.腹持ち

酵素ドリンクの勝ち

不思議に感じるかもしれませんが、腹持ちに関してはベジライフの方が良かったです。このような結果になった理由は、原材料の豊富さが影響しているのだと思います(ベジライフの素材数は90種類です)。

また、そのような理由から栄養面でも酵素ドリンクの方が勝っていると言えるでしょう。

4.持ち運び

豆乳ダイエットクッキーの勝ち

豆乳ダイエットクッキーは、袋に入れればすぐに携帯することができます。しかし、酵素ドリンクの場合、持ち運びの際は水筒やペットボトルに入れ替える必要があるので、携帯性に関しては豆乳クッキーの勝ちです。

5.低カロリー

酵素ドリンクの勝ち

1食あたりのカロリーは、それぞれ以下のようになります。

ベジライフ酵素液:14.2キロカロリー

豆乳ダイエットクッキー:146キロカロリー

結果をご覧いただいてわかるように、豆乳クッキーの方がベジライフのおよそ10倍のカロリーです。思いのほか圧勝の数値になってしまいました。

総合判定

酵素ドリンクの勝ち(3勝2敗)

ベジライフの炭酸水割理の画像

ご覧いただいたように、総合的に判断すると酵素ドリンクの方がおすすめできる置き換えアイテムと言えます。また、飲むときに割るドリンクを変えることで、味に変化ができて飽きにくい点も嬉しいメリットです。

ちなみに私は最近は100%アップルジュース割にはまっています。リンゴの甘い匂いのおかげ酵素ドリンクのにおいがほとんどしなくなるので、かなりお勧めの飲み方です、よかったら試してみてください。

なお、当サイトでこれまでにレビューをした酵素ドリンクのランキングは、次のページで紹介中です。

⇒ 【2013年・最新版】酵素ドリンク総合ランキングはこちら

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

ダイエットにおすすめの人気酵素はどれ?


酵素