ダンベルダイエット 効果

人気酵素ドリンクで痩せる
ダンベルダイエット

ダンベルダイエット

10代の高校生の時、ダンベルダイエットに挑戦しました。確か、170cmで63kg位だったと思います(クラスの女子の中ではダントツに背が高かったです)。身長があるので、60キロを超えていてもそれほど太ってるわけではないのですが、大の運動嫌いなので筋肉が無く、全体的にぶよぶよしていました。

特にお腹周りのお肉は凄かったです。峯岸みなみさんのライズアップ前よりも、遥かにポッコリとしたお腹でした。クラスメートは細くてかわいい子が多かったので、自分もみんなのようになりたいと思い、ダイエットに挑戦しました。今までもダイエットには挑戦してきたのですが、食事制限メインで、運動は全くしませんでした。ただ、食事療法は続かない事が分かったので、運動で痩せる事にしました。

1ヶ月のダンベルダイエットで体のラインがすごく綺麗になる

ウエストライン

私が取り組むと決めたのはダンベルダイエットです。ダンベルダイエットの体験談が載っていた雑誌「ターザン」を購入してきて、を何度も読み、そこで掲載されていたダンベル体操を1日1回10~15分やりました。ダンベルは、最初は1kgを使っていましたが、慣れてきてからは、2kgや3kgnに増やしていました。

食事制限はしなくていいと書いてあったので、何もしませんでした。ご飯でもお肉でも食べたいものをモリモリ食べる感じです。ダンベル体操を始めてから1週間位は全身筋肉痛になりましたが、2週間くらいで痛みは取れ、体操するのも楽になりました。また、その頃になるとお腹が凹んでいることにも気付きました。

そして、体操を開始してから1か月たった頃には全身がシュッとなったのです、体重は全く変わっていないし、全く食事を減らしてないのに引き締まったので、おそらく筋肉がついたのでしょう。ウエストにくびれもできていたので、当時は自分の体の変化を見て、すごい効果だなぁと素直にびっくりしたのを覚えています。ただ、1か月過ぎたころからあまり変化を感じなくなり、続けるのが苦痛になってきました。

体の変化を感じなくなってからは急にやる気がなくなった

元々運動嫌いというのもあり、たまに休むようになりました。当時の自分は完璧主義な所があったので、サボった自分をすごく責めてしまいます。今の自分なら、運動をサボる位で自分を責めるようなことはしませんが。

自分を責めた時は、イライラしてお菓子を結構食べたりしました。生理前はPMSでやる気がどうしても無くなるし、食欲が抑えられなくなるのですが、そういう自分も許せなかったです。結局、ダンベル体操は2カ月半位で終了。

止めた後、何もかもゼロに戻ってしまったような気分に陥り、凄く落ち込みました。続かなかったのは、焦ったせいもあるかもしれません。とにかく若かったなぁというのが今の私の感想です。まずは、性格改善をしてセルフイメージを変えてから食事制限なり、運動なりすればよかったと反省しています。

ダイエットは、メンタルが安定していないと続ける事が難しいし、成果を早く求めるあまり極端なダイエットに走りがちです。痩せたい人は、まずは自分を好きになれるようになってからやるようにしてください。痩せてからやりたい事をするのではなく、痩せる前から自分がしたい事はした方がきっと続けやすいし、失敗もしづらいですよ!

ダイエットにおすすめの人気酵素はどれ?


酵素